犯行現場は監視カメラで記録【犯罪を未然に防ぐ防犯グッズ祭り】

カメラ

注意して依頼しよう

セキュリティ

鍵は色々なところに使われていて、防犯対策として高い効果を持っています。しかしこの鍵は時々開かなくなることがあり、そういう問題が起きた時は鍵開け業者に仕事を頼みます。

ネットで簡単依頼

鍵

車や家などで利用している鍵が開かなくなった時は、専門の業者に依頼をして解錠してもらいます。このような鍵開け業者は以前は近所の店を使っていましたが、最近はネットから仕事を頼む人が増えています。

専門業者を頼る

ドア

鍵は色々な所で使われていますが、この製品は時々おかしくなることがあります。例えば、鍵穴に差しこんだけ際に鍵が抜けなくなった、折れてしまったなどの場合は専門の鍵開け業者を利用しましょう。

高い防犯性

セキュリティ

盗難防止に役立つ電子的な鍵

イモビライザーとは車の鍵の一種で、盗難の防止に役立つ電子的な鍵のことです。一般的な鍵は鍵の差込口とぎざぎざした鍵の形状が一致することで開錠することができますが、イモビライザーは鍵に内蔵されているIDを車が認識することでエンジンをかけることができるというものです。ですから、犯罪者によって車の合鍵を作製されたとしても、車の中には侵入できてもエンジンをかけて発進することは不可能なのです。また、最近では不正な鍵で開錠した場合に警告機能がついているイモビライザーもあります。 輸入車に装備されている多いのですが、近年では高級な国産車にも装備され始めています。今後も盗難防止に有効なイモビライザー装備の車が増えていくと考えられます。

イモビライザーを無くしてしまったら

イモビライザーを無くしてしまったら、通常の合鍵作成で作ったとしても、開錠することはあってもエンジンがかからず車が動きません。スペアキーもない場合は鍵作成するしかありません。ディーラーに依頼するか、または鍵作成の業者に依頼することができます。鍵作成の専門業者に依頼するメリットは、対応が早いことです。24時間いつでも依頼OKの場合や鍵作成時間も短時間で行ってくれます。ただし対応できる車種が決まっている場合があるので、自分の車種の鍵作成ができるかどうか業者に確認する必要があります。 どんな合鍵を作製するときにも言えることですが、免許証や車検証などの書類が必要になるので個人情報を漏えいしない、安心で信頼できる業者に依頼することが大切です。車に直接行なうイモビライザーも重要ですが、住宅などを守る場合は監視カメラなどを導入してみるのも良いかもしれません。そうすることで犯人の映像を捉えて逮捕などに繋がりますし、カメラがあることで防犯にも繋がります。